株式会社日柳製作所は素材から金属加工(機械加工・製缶加工)、組立てまでを行う、金属加工の一貫工場です。

会社概要

会社概要

名称 株式会社 日柳製作所(くさなぎせいさくしょ)
所在地 〒744-0002 山口県下松市大字東豊井898番地の6
資本金 28,000,000円
設立年月日 昭和23年1月
役員 代表取締役社長:日柳 克啓
取締役:日柳 美幸
取引先銀行 もみじ銀行 徳山支店
株式会社山口銀行 下松支店
株式会社三菱東京UFJ銀行 徳山支店
東山口信用金庫 下松支店
主要製品種目 熱交換器用管板等、関連部品
車輌部品
半導体製造装置部品
真空ポンプ、配管部品等、関連部品
各種、機械製缶品
精密板金品
工場用地 3,190㎡
従業員 38名
取引先企業
・仕入先企業
【取引先】
株式会社 日立製作所 笠戸事業所
株式会社 日立ハイテクノロジーズ
日立交通テクノロジー株式会社
株式会社 日立プラントメカニクス
日立協和エンジニアリング株式会社
日立造船 株式会社
三菱重工業 株式会社
東芝三菱電機産業システム 株式会社
大晃機械工業 株式会社
鋼鈑工業 株式会社
帝人エンジニアリング 株式会社
【仕入先】
金井金属工業 株式会社
株式会社 イソナガ
株式会社 未武工業所
山陽ケミカル 株式会社

会社沿革

1945年 鋳物用木型の専門工場として発足
1948年 合資会社 日柳製作所を設立
1961年 鋳物工場を新設
1963年 機械工場を新設
1980年 社名を株式会社 日柳製作所に変更
木型・鋳物部門を廃止し製缶部門を新設
(鋳物は韓国への外注に移行)
1989年 製缶工場・現場事務所を新設
2005年 本社事務所を建て替え
2007年 ISO14001を取得
2015年 製缶第2工場を新設

日柳製作所の原点

弊社の原点は、昭和20年10月にさかのぼります。当時、日立製作所の鋳物部門で木型職人をしていた私の祖父が独立し、鋳物用木型の専門工場を立ち上げました。創業以来、日立製作所笠戸事業所と道を挟んだ、この場所で営業を続けています。

鋳物は加熱して溶かした金属を鋳型に流し込み、冷えて固まった後、型から取り出して作ります。木型はその鋳型の基となるものです。昭和30年代には木型を製造するかたわら、日立製作所からの依頼で新幹線の車両製造にも着手。笠戸事業所は鉄道車両製造の拠点の一つで、昭和39年に開業した初代0系新幹線の第1号もここで製造されました。弊社が担当したのは、「だんご鼻」の愛称で親しまれた先頭車両です。丸みを帯びた先頭車両は、ハンマーを叩いて金属板から曲面を作る「打ち出し板金」で成形していくのですが、弊社ではその金属板を貼りつける原寸大の木型を製造。日本の高度経済成長期を代表する新幹線に携われたのは、わが社の大きな財産であり、今でも誇りに思っています。

昭和36年には木型だけでなく鋳物そのものを製造する鋳物工場を新設。約40年前には韓国に鋳造会社を設立し、海外での鋳物技術の普及に努めました。

グーグルマップ

金属加工に関することはお気軽にお問い合わせください!

0833-41-0307
平日・土 8:00 - 16:30

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

株式会社 日柳製作所

電話番号 0833-41-0307
FAX番号 0833-44-1579
メールアドレス info@e-kusanagi.jp
住所 744-0002 山口県下松市大字東豊井898番地の6
営業時間 平日 8:00 - 16:30
土 8:00 - 16:30
(第2・4土休)

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

PAGE TOP