株式会社日柳製作所は素材から金属加工(機械加工・製缶加工)、組立てまでを行う、金属加工の一貫工場です。

よくあるご質問

※他社のfaqをもとに記入(他社そのままなので回答の変更必要です)

金属加工と板金の違い
仕事で金属加工業者を回っています。
よく訪れる会社は、レーザー加工機やシャーリング、プレスブレーキ、
金型を用いたプレス加工機などで、鉄やスチールを加工しているようですが、
話を聴くと板金業者と違うようです。
一般の人からすると同じ金属加工業者ではないか、と思うのですが、
何が違うのでしょうか?
板金業者はアルミやステンレス、銅などを加工している、という理解で
よいでしょうか?
また、私が訪れるような金属加工業者が板金加工をしないのは何故でしょうか?
加工技術や使用するマシンの違い?製品分野の違い?加工単価の違い?例えば、今まで鉄の加工;切り出し(レーザー)、プレス(タレパン)、曲げ(プレスブレーキ)、溶接、組立 をしているような金属部品加工業者(部品のサイズは10~1000mmの範囲)が、 いきなりアルミや銅、ステンレスなどの素材を加工できる、あるいは10mm以内のサイズの加工、もしくはそれら両方(従来と異なる金属のもので10mm以内の加工)できたりするのでしょうか?
ある程度、数か月の期間があれば加工できるようになるものでしょうか?
加工精度は精密機器部品程には必要でないとして。
あるいは、新しく設備導入が必要になったりするものでしょうか?
金属加工業者は言葉そのまま金属jを加工している業者です、プレスのような塑性加工jもマシングで切削加工もそうです、金属だから鉄、アルミ、銅も金属全部含みますからかなり広い種類があり板金業者は金属加工業の中の一部の業種です板金は数ミリの薄い金属板を曲げたり溶接したりします、厚みが数十ミリになると製缶とよびますが区別はきっちりとはきまっていません使う機械もちがいます>>私が訪れるような金属加工業者が板金加工をしないのは何故でしょうか?
どのような業者に訪れているのかわかりませんので答えようがありませんたとえば
自動車メーカは数社あるが同じ自動車メーカなのにホンダがなぜ大型トラックを作らないのか、いすゞがなぜ軽自動車スポーツかを作らないのか判る人は作らない理由は判っていても自動車メーカは全部同じと思っているひとにわかるようには答えらませんよね
その業者があなたの希望する加工をする能力があるのかないのかは設備や人員の能力によります、その業者がどの程度かはOKWEBを見ている人は誰も知らないと思われるので誰も答えらないでしょうから、その業者に直接聞くしかありません

板金加工もプレス加工やレーザー加工、切削加工も、金属を加工するのであれば、[金属加工業者]という括りでは同じです。

ただ、[金属加工]と言っても「削る」「曲げる」「押しつぶす」「溶かす」などその内容は様々で、使用する機械も技術も全く違う物が必要です。

MC加工、旋盤、フライス盤について
実際に金属加工をしている友人はMCはすぐに覚えれるけど、
旋盤、フライス盤の方が手間で時間がかかると言っていました。ただ中小企業ではMCは高価なので通常1台しかなく、
昔から使用している旋盤、フライス盤で加工している
企業が多いとも言っていました。MC旋盤は、プログラムに時間が掛かる代わりに、後はボタン押すだけです。
数が多い注文を短時間で仕上げるような仕事向きです。
プログラムに基本的な知識(設計図が理解できる)やノウハウが必要ですね。
加えて、機械の整備修理などが出来ればですが。。一品ものの特注品など、MC旋盤より、普通の旋盤の出番が多いでしょう。
基本は単純なんですが、熟練してるかどうかで、時間や仕上げの精度などにかなりの差が出ます。
金属加工の素材について
チタンの金属加工について、金属加工は、全くの素人です。 基本的なことを教えて下さい。

ナイフのヒルトを作ろうと思っているのですが、チタンとステンレス(sus304,sus430)
では、どちらが加工しやすいのでしょうか? 加工作業は、フライス盤等で、穴をあけたり、削ったりです。
チタンのほうがずっと切削は楽です。SUS 材は靭性が高く、うっかりすればすぐ加工硬化を起こして何倍も困難です。
ステンレス鋼材とは、鉄にクロムやニッケルなどの物質を添加して錆びにくくした特殊鋼の一つです。JIS規格では、ステンレス鋼材の材料記号を「SUS」と書きますが、これは錆びにくい特殊用途の鋼であることを示す”Steel Special Use Stainless”から取られています。

金属加工や溶接の仕事について
今後日本ではこういう仕事をする人が少なり希少価値の人です。

現状では作業する人が少ないので、中々次の作業が進まない、建設業界なと、溶接の仕事は今後ますます必要になります。

外国人も仕事をしますが、ただ言われた事の作業しかしませんが日本人は考えて作業します、もう少し手加えれば丈夫になるなど考えて仕事をする。

貴方が、こういう仕事に興味を持ってやるとしたら、NHK木曜日PM 10:55凄技(スゴワザ)を見てください。

日本には、データーのみの仕事と、自分の経験を持っている技術でデーターのみの製品加工している所と堂々と立ち向かっています。
現在34歳妻子持ちのSE兼プログラマを8年近くやってます。
今の仕事でもやっていけるのですが、
NCやマシニングセンタによる金属加工の分野へ非常に興味を持ち、
転職してみたいという気持ちになっています。
CADやCAMなどの操作が必要になると思われ、
今までの経験があまり活かせないいわゆる未経験者で、
十数年前に卒業した専門学校でも経理系の学科でした。
もちろん人並み以上の努力をするつもりですが、
上記の年齢で受け入れてもらえる所が「十分」にあるものでしょうか?
受け入れられる可能性が高ければ
数ヶ月職業訓練校に通って転職を目指そうかと思っています。
「十分」を強調したのは、
運が良ければ条件が悪いところへ何とか滑り込めるという程度では、
家庭もあるので難しいかなと思っています。
こんな風に書くと熱意が無いように思われるかもしれませんが、
真剣に検討しています。

NC現役の方、または経験者の方、
どうぞ良きアドバイスをお願いします。
年齢、未経験についてのみ考えた場合「十分」ではないかもしれませんがあると思います。
総支給で年収400万の条件は質問文の内容では厳しいのではないかと思います。
NC、MC、CAD/CAMのいずれにしろ道具のひとつです。
それぞれのオペレータとしても機械加工の知識、経験が重要視される
はずです。
未経験でNC、MC、CAD/CAMの操作を習得しているだけではさほど高い評価は得られないように思います。
金属加工といっても様々な業種によって機械の種類、加工方法など
いろいろあるので数ヶ月職業訓練校に通ってというよりも転職後の努力で希望する条件を引き出す方向で考えた方が具体性があるように思われます。
(転職の方向で考えた場合)

ちなみに6/27~6/29の期間、東京ビッグサイトで設計・製造ソリューション展がやっています。
残念ながら今回のものはNC、MC等は無さそうですがCAD/CAMを使用して
NCプログラム作成までは見ることが出来ると思います。
もし行けるようであればCAD/CAMの操作等がどの程度かをご自分で確認
されると良いのではないでしょうか。
小さな会社ならば未経験者でもNC加工機の操作をするところにはいれるとおもいますが、単純作業の繰り返しで「十分」に納得できないとおもいます
SEやプログラマの経験があるならばCAD/CAMのメーカや販売する会社の方が経験を見込まれて就職できるかもしれませんので入って操作を完全に身につけて、講習で人に教える立場になったり、営業で顔を広めてから加工する会社に転職すればどうでしょうか、現場の会社ではCAD/CAMは有っても使いこなせる人材がすくないところが多いので、経験者として優遇されるとおもいます

数ヶ月の職業訓練校では、何も知らないよりマシ程度にしか見られないでしょう

金属加工について
カメラ雲台を自分の好みに作り変えたいと考えています。
図面の提出などなしに、金属加工を引き受けてくれる工場があれば教えてください。
工賃の大体の目安が分かればありがたいです。
図面は正式なものでなくても大丈夫ですよ。手書き、フリーハンドでもわかればいいんです。おれたちゃ、マンガって呼んでるけどね。
暇があれば、現物を持って町工場を直接訪ねてみるといい。「ここをこうしたいんですけど・・・。」なんてね。すごく安かったり、ぼったくられたり。それも面白い。でも質問者のかたはそうゆうのお嫌いなんでしょうけど。ネット検索するなら、希望住所、「機械加工」「フライス加工」「見積もり」「図面がなくても、」「試作」「少ロット製作」こんなもんでしょうか。でもいいよね、自分だけのカスタムって。
金属加工でLA、MCって何ですか?
LA=レース加工=旋盤加工 MC=マシニングセンター(この場合のマシニングは、機械ではなく、切削加工と言う意味です。) その他 GR=グラインダー=研磨加工(略してGとも書きます)
6mm丸棒を10mm程度、六角に加工した棒材を15mm厚アルミブロックに立てようとしています。 ブロック側に挿入、固定するための六角穴が必要ですが適当な加工方法は どのような方法がありますでしょうか。 目的は回転止めですが組み立て交換も考慮が必要です。 アルミブロックはサイズ60mm角程度のブロックまたは円柱を予定しています。 また、穴はできれば貫通したくありませんが、より加工し易く加工単価が安ければそれも有りです。 よろしくお願い致します。
私の理解は、丸棒の一端を六角加工することで固定し、他端も同じ加工により
レンチで丸棒にひねりを与える、ということになりますが、合っていますか?丸棒のひねりによる変形か何かを測定するのでしょうか。それによっては
固定端のガタが問題になります。固定ブロックをアルミで作ろうとしていることからしてひねりトルクはあまり
大きくはないと見ました。丸棒は相当長いかひねり量が少ないか丸棒の
ヤング率が小さいか、だろうと想像します。さて、上記理解違いがなければソリューションとしてこんなのはいかがでしょうか。六角穴は深さと精度などを考慮した適当なエンドミルを選んで、頂点の
丸い六角穴とし、丸棒の方の頂点を削る方が簡単で確実だと思います。
完全にフィットする穴にするために頂点の形を凝るよりは、丸棒の六角の
頂点を少し丸を残すような六角にするわけです。

レンチで回す端部と穴に指す方は違う寸法でも良いかもしれません。

金属加工の図面・指示の書き方
加工図面の書き方をおたずねします。 6.0mm径、60mm長、真鍮の丸棒 の両端にいわゆるモンキーやボックスレンチが使える様な加工を 指示する場合、実線で示す部分の具体的な寸法計算で何か資料はありませんでしょうか。
添付画像の様な寸法では如何でしょうか。  基本的な寸法は、M3の六角ボルトの内、JIS B 1180 付属書のものを参考にしていますが、対面を設けている部分の長さは、切り欠きの角Rを避けるために、M3ボルトの頭の厚みよりも、0.2mm長くしています。  対面幅は5.5mmで、上の寸法許容差が+0、下の寸法許容差が-0.2です。  尚、添付画像の図は、CADで描いたものではないため、図形の尺度は正確ではありません。  又、寸法値も、使用しているツールでは、数値を傾けて表示する事が出来なかったため、やむを得ず横か縦の2通りで記入していますが、実際の図面では、矢印に平行に数値を記入しなければなりません。(別のやり方もありますが、なるべく矢印に平行に記入する方法を使用した方が良いです)  それから、今回はやむを得ず寸法線を交差して描いていますが、可能な限りは寸法線は交差させるべきではありません。  後、材質が真鍮というだけでは、どの種類の真鍮なのか判りませんから、添付画像の図では合金を指定する番号を、仮に四角で表していますが、実際にはどのC番号の銅合金を使用するのか、指定する必要があります。(但し、原材料としての丸棒の規格を別の方法で指定した場合は、その限りではありませんが)  処で、直径が6.0mmだと、M3のボルトの頭の対角線長よりも、やや小さい直径になりますが、その様な細い部品に対して、本当にスパナやボックスレンチを使用なさるのでしょうか?  余計な御世話かも知れませんが、他にも、径の太いハンドルをピンで固定する方法や、上面に溝を切って、マイクロドライバーで回す方法もあると思います。
金属加工のコストについて
各辺10センチ程度の金属製の立方体(キューブ)やピラミッド状の塊が複数個必要です。 1・金・銀などの貴金属を除く一般的に入手・加工が容易な金属で、価格が安いものを下から3つ、高いものを上から3つ知りたいです。 2・キューブ状など複雑でない形の場合、削り出す(切り出す)か、金型を作って鋳造することになると思います。 恐らくある程度の個数までは削り出した方が安いと思うのですが、一定の数を超えると型を作った方が安くなる様な気がします。 金型の製造方法にも色々あるようですが、ざっくりとした数字(100個までなら削った方が安い、500個作るなら型を作った方が安い)などを教えてください。 ご教示よろしくお願い致します。
素材メーカーの技術担当です。1.一般的に手に入る金属となると限られてきます。
入手できて安いもの:鉄・アルミ・銅
高いもの:チタン(但し加工が困難)・ステンレス(SUS)、鉛、錫、亜鉛 等
2.加工ですが、求める形にも依存しますが、最初のカットのみで使えるものは少ないです。
カットは、ガス・高速カッターになり、通常は余裕代を持ってカットし、その後、所定寸法になるように研磨なりを行います。
鋳造も一緒で、鋳型表面の凹凸があるので、同じように加工します。鍛造はマシかもしれません。
→まとめると、
(1)概略の形状を得る方法は、素材からのカット・鋳造があるが、どちらも手間が掛かる。10cmだと、直接カットする方が安いと思います。
(2)要求される形状と許容寸法により、単純なカットのみで良いのか、その後の手入れが必要なのか が決まり、鍛造の方が一概に高いとはいえないです。(多少表面凹凸や角がうまく取れない場合でもOKで、単純に作るだけであれば、鍛造の方が安くなります)
→近くの鉄工所に聞かれたら、早く結果が得られます。
(通常ですと、金属が溶解できる炉は持っていませんので、鋳造できる工場は限られてきます)
自社の生産ラインなどで改善提案をしてもらいたいので、訪問していただくことは可能ですか?
はい、対応しております。 弊社営業スタッフがご訪問させていただき、改善提案をさせていただきます。
見積もりをお願いしたいのですが?
お見積もりは無料となっておりますので、お電話、FAX、メールフォームにてご依頼ください。 まずは、図面やデータをご提出ください。
加工できる材質に制限はありますか?チタンなどの特殊な金属の加工もできますか?
鋼やアルミ、ステンレスをはじめ、樹脂など幅広い材質に対応しております。
はい。可能です。
溶接できる金属であればなんでも可能です。 機械加工品も、鉄、SUS、アルミはもちろんのこと、難削材、樹脂等の加工が可能です。
表面処理等の対応は可能でしょうか?
可能です。弊社ではショットブラストブースを設備していますので、お客様仕様に基づいた表面処理を行うことが可能です。 また、メッキ等の対応も可能です。一度お問合せください。
現地据付工事までの対応は可能ですか?
可能です。弊社では現地据付工事までの実績が数多くございます。
ショットブラストのみ、塗装のみの対応はできますか?
可能です。塗装に関しては、社内で膜厚検査等も行えます。また、お客様仕様に基づいた検査成績書の作成も致します。
試作や開発の対応はしてもらえますか?
もちろん対応しております。 新規開発や試作をお考えの際にはぜひご相談ください。
図面しかないのですが、製造してもらえますか?
手書きのイラストでも大丈夫ですか?
はい、弊社は図面をご提供いただければ、材料調達から金属加工組立まで一貫して行うことができます。
手書き部品の製作図は寸法・形状・材料・板厚の詳細があれば製作可能です。 金属加工の簡単図面の書き方はこちらをクリック!!
設計部分でイメージしかない場合でも設計はしてもらえますか?
はい、イメージ状態からでも設計をすることができますので、お気軽にご相談ください。
オリジナルデザインについて
お客様が作成したオリジナルデザインをDXFファイル形式に変換して頂いたもので、レーザー加工が可能です。初心者でもご安心ください。製品の材料はもちろんのこと、強度についてもご相談をうけたまわっております。
持ち込みの材料でも加工してもらえますか?
問題ございません。 お客様からご提供していただいた材料を使い金属加工を行うことができます。問題ございません。 お客様からご提供していただいた材料を使い金属加工を行うことができます。
どのくらいの大きさの物までなら、金属加工してもらえますか?
Φ500までの大きさならば、弊社の設備でも加工することができます。
しかし、Φ500を超える大きさの物でもお受けできる場合がございますので、まずはご相談ください。
フライス物:700×1500mmまで可能です。
短納期で受けていただけますか?
弊社の強みは短納期・高品質です。
お客様のスケジュールに合わせた納品を心がけます。
しかし、お客様のご要望される内容などにより異なってきますので、ご了承ください。
吹き付け塗装や焼付け塗装はできますか?
はい可能です。塗装が必要な場合でも、ぜひご依頼ください。
対応(営業)可能地域は?
近畿圏、中部圏を中心に対応しています。営業までお問い合わせください。
量産は可能ですか?
パーツなどであれば可能です。品物にもよりますので、まずはご相談ください。
新製品の開発なども協力していただけるのですか?設計を含めた試作対応は可能ですか?
ホッパー、タンク、バルブなど様々な分野でご協力することが可能です。一度お問い合わせください。可能です。弊社は構想図案から対応することが可能です。 一度お問い合わせください。
工場見学は可能ですか?
基本的には可能です。ただし、クライアントからの注文内容により、シークレット要望をいただいている製品作りに携わっている場合がございますので、事前にお問い合わせください。
打ち合わせにきてもらうことは可能ですか?
もちろんです。担当よりご連絡させていただきますので、ぜひお問い合わせください。
個人でも依頼することができますか?
はい、可能です。一度ご連絡ください。
1個だけでもお願いできますか?
もちろん1個から対応させて頂きます。可能です。弊社は一品一様の製品を短納期で対応いたします。 また、緊急対策品など、図面なしの製品などもスピーディーに対応することが可能です。
どこまでの加工をしてもらえますか?
一部の加工のみから最終製品まで対応させて頂いておりますが、中には対応できないものもありますのでお問合せ下さい。
精度はどのくらいですか?
加工する材料や大きさ、加工方法などによって精度は変わってきます。詳細を教えて下さい。
遠距離でも対応可能ですか?
遠方でも可能です。ただし、どうしても物を見ないといけない場合は当社まで来ていただく必要があります。
お見積の依頼方法を教えてください。
金属加工お見積りの場合・・・材質・寸法・板厚・形状・どのような加工という内容が必要になります。 お問合せフォーム ・ メール・ファックス(06-6475-8382)・電話(06-6475-8381)でお問合せ下さい。 ご返答につきまして内容確認の為に、少しお時間をいただき、担当者よりご連絡差し上げます。 予めご了承下さいませ。お急ぎの方はお電話下さい。
金属板の厚さはどの程度まで対応できますか?
加工する材料や大きさ、加工方法などによって対応範囲は変わってきます。詳細を教えて下さい。
材料だけ販売してもらうことはできますか?
可能です。個別にお問合せ下さい。
最終的に費用が変わってくることはないですか?
最初に詳細をお伺いした上でお見積させて頂きます。追加の加工などが発生する場合はその都度ご相談させて頂きますので、出来上がってから初めて費用がわかるといったことはありません。
塗装はできますか?
可能です。個別にお問合せ下さい。
大学の研究での制作は可能ですか?
大学の研究費での製作も承っております。お気軽にお問い合わせください。 はじめての方でも、ご安心ください。
『レーザー溶接可能』という事は具体的にどんな意味ですか?
レーザー溶接とは、光ファイバーレーザー光線の『エネルギー』を使い溶接を行う事を言います。従来のTIG肉盛り溶接にプラスして、レーザー溶接肉盛り加工をする事で、より『巣』が少なく、より精密で、金型等の変形も少なくした方法での溶接が可能となりました。 金型業界では、YAGレーザー溶接を使用する企業が比較的多いです。まだファイバー溶接を導入している企業は少なく弊社のマシーンは日本初号機となります。

金属加工に関することはお気軽にお問い合わせください!

0833-41-0307
平日・土 8:00 - 16:30

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

株式会社 日柳製作所

電話番号 0833-41-0307
FAX番号 0833-44-1579
メールアドレス info@e-kusanagi.jp
住所 744-0002 山口県下松市大字東豊井898番地の6
営業時間 平日 8:00 - 16:30
土 8:00 - 16:30
(第2・4土休)

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

PAGE TOP